圧巻のひな人形 静岡県袋井市の可睡斎に行ってきました!

圧巻のひな人形 可睡斎
今年も元旦に始まった徳川家康ゆかりの寺・可睡斎ではじまったひなまつり。
32段1,200体のひな人形が飾られ、初詣と重なり大盛況。
同時に室内展示の牡丹も飾られ、地元静岡に居ながら今まで行ったことがなかったのが残念と思えるほど見事なイベントでした。


可睡斎
こんな私が人形以上に最高に驚いたのは・・・なんと東司(とうす)。いわゆるトイレなのですが、なんと中央には大きなトイレの神様?がいて、用を足そうとする私を見下ろしている・・・(笑)。国有形文化財とのことでしたが実際使用できるトイレでしたが、神様の見下ろす文化財で用を足すのはいささか気が引けました。
さすがに海外の旅行客は2~3名のFIT(個人客)しかいませんでしたが、こんな素晴らしい日本の文化と東司の見事さを海外に発信したいと思いました。
皆さんも是非圧巻のひなまつりに出かけてみたらいかがですか。
ちなみに拝観料は500円ですが一見の価値ありです!