中国全土に展開するレストランチェーンの幹部23名が来日しました。

中国食品視察団が来日
中国全土に展開するレストランチェーンの幹部23名が来日しました。
東京や大阪・名古屋ではS1グランプリ受賞レストランを訪問し、朝礼風景や日本の接客態度を見学。帰国後に自分のレストランでも生かそうと真剣に勉強していました。
静岡県では活気あふれる焼津さかなセンターや醤油・調味料工場を訪れ、勉強会では日本の伝統調味料である「醤油」や「ダシ」に関して質問が多く聞かれました。
近年中国では、これまで問題だった接客に関して関心が集まり、各社が勉強会を開いたり、海外の接客や調理技術を勉強したりする機会が増えています。
日本では流行語大賞になった「爆買い」ばかりが話題に挙がりますが、日本の「おもてなし」も確実に海外に浸透していることを実感しています。