上海民辨尚徳実験学校迎バーナー

上海民辨尚徳実験学校授業交流2

上海民辨尚徳実験学校授業交流
上海民辨尚徳実験学校授業交流
上海民辨尚徳実験学校教員記念品交換

1月28日(木)上海民辨尚徳実験学校の5年生児童31名と教員3名が、牧之原市立相良小学校に来校しました。
相良小4年生3クラス95名の児童の「熱烈歓迎」の横断幕で出迎えられた一行は緊張の面持ちで歓迎式会場の体育館に入場。
 校長先生と尚徳学校の代表挨拶にはじまった歓迎式典は、事前準備をした児童同士の名刺交換に入り次第に緊張もほぐれ始めて笑顔が見られるようになりました。
お互いの学校生活の紹介では、尚徳学校は全寮制で週末しか自宅に帰らないという話や、洗濯は自分達で手洗いすることに驚きを隠せない相良小の生徒たちでした。
 授業交流は各クラスに戻り、事前に相良小の児童が書き込んだ色紙の中央に中国側児童が好きな1文字を書き込む書道交流です。
「友」の字を書く児童が多い中「众」の字を書いた児童に、相良小の子供たちは「???」。
見慣れない漢字に、日中の文化の違いを肌で感じたことと思います。