♪♪ 春なのに~春なのに~ ため息また一つ ♪♪ と唄ったのは柏原芳恵。
まさに日本は桜満開、春爛漫。
なのに日本全国津々浦々、いや世界中からため息ばかりが聞こえてくる。

2019年 花見風景

2019年 花見風景

2020年 花見風景

2020年 花見風景

客待ち人力車

客待ち人力車

 雲一つない青空が広がった日曜日、ウグイスの鳴き声に誘われて駿府城公園に散歩に出かけた。
三密だか壇蜜だか知らないが、人が密集する街中を避けて駿府城公園を選択したのだが、到着して驚いた。春なのに、桜満開なのに閑散としている。
新型コロナの影響で静岡まつりは中止され、花見の宴も自粛されているものの、他人の目も非難も気にしない傍若無人な振舞いをする輩がもっと多くいるかと思ったが、さすがに志村けんが亡くなったことで恐れをなしたのかもしれない。昨年は足の踏み場所もないくらいに花見をしていた場所も、今年は2~3組が静かに小さな宴を開いているだけだった。

先日、テレビで夜の繁華街に繰り出す自粛なき若者グループにインタビューしていた。
インタビューアー「今日はどうして繁華街に来られてるんですか?」
若者「コロナウイルスに攻撃ばっかりされているから、今日は反撃しに来ました!」
言い得て妙だ。アホもここまでくると褒めたくなる。
自粛自粛ばかりでそろそろ反撃の狼煙をあげたくなるのも納得する。
半面、返り討ちにある可能性が大だ。

徳川家康1人花見

徳川家康1人花見

 人がまばらな駿府公園で徳川家康も寂しそうに佇んでいた。
「みなの者!花見行列に参るぞ!」
「・・・」
「あれ?誰もいないの??」