花の美術館庭園

花の美術館庭園


花の美術館庭園

花の美術館庭園


浜名湖ガーデンパークは浜名湖湖畔の自然と調和した広大な都市公園です。
街のエリアと里のエリアは冬以外いつ行っても四季折々の花を見ることができ来園者の気持ちを和ませてくれます。
その上2004年に開催された「浜名湖花博」の会場跡地の有効活用とは言え、こんなに素晴らしい公園が無料とは何とも贅沢。
クレマチス

クレマチス


ハスの花

ハスの花


毎年新聞やニュースで取り上げられる春のネモフィラや秋のコスモス以外にいまの時期は公園の一番奥にある「花の美術館(モネの庭)」のバラがみごとに咲いています。
印象派の画家クロード・モネが造った庭を模して造られた庭園は、水の庭にある睡蓮と花の庭に咲くバラやクレマチスなど数多くの花で彩られるガーデンパーク一番の人気スポットです。
私が訪れた15日(日)もたくさんの来園者でモネの庭も渋滞。庭の手入れをしている方から「今日でバラの大アーチの通り抜けが最終日だからね」と聞いて納得。
 ガーデンパークのバラの大アーチ通り抜けは年に一度9日間だけのイベントですが、花の美術館に咲くバラはまだ1~2週間は楽しめそうです。
 花は春が種類的にも気候的にも一番いい時ですが、浜名湖ガーデンパークは四季折々の花が咲き、見る人の心を和ませてくれます。
 みなさんも家族や仲間とお弁当を持って、日帰りの心の癒し旅にお出かけしてみませんか?