静岡空港出迎え記念写真

静岡空港出迎え記念写真


昨年7月1日から富士山静岡空港に就航した「四川航空」は静岡と中国西安市を週四便(月・水・金・日)を結ぶ定期便です。
西安市は中国の内陸部、陝西省の省都で秦の始皇帝陵や楊貴妃で有名な華清池、三蔵法師で有名な大雁塔など悠久の歴史を有するシルクロードの出発点の町と知られ、多くの日本人も訪れる有名な観光都市です。

静岡県は西安から日本を訪れる訪日旅行客に、もっと静岡の魅力を発信しより多くの観光客に静岡に滞在してもらうために12月中旬にファムトリップ(観光誘致モニターツアー)を実施しました。
招いた方々は四川航空西安支店の職員はじめ、四川航空協力旅行会社の方々合計5名。
4泊5日の日程で静岡県内を視察頂き、「観た・食べた・体験した」ことを西安に持ち帰って静岡滞在型のツアー商品を作ってもらうことを目的として実施。

四川航空の静岡空港到着は遅く18時45分の到着。
定刻通りに到着した一行はホテルシャトルバスに乗り込み掛川グランドホテルに到着後に夕食、就寝。
2日目からは県内視察の本番です。
なるべく多くの観光地を見てもらうために分刻みのスケジュールで静岡県西部・中部・東部の三部構成となっています。

うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー

コンコルド商談交流会

コンコルド商談交流会

アソシア交流会(乾杯)

アソシア交流会(乾杯)

大井川鐡道バックヤード

大井川鐡道バックヤード

すし横丁

すし横丁

スカイウォーク記念写真

スカイウォーク記念写真

まずは西部地区の奥山方広寺から始まりフラワーパークやうなぎパイファクトリー、ヤマハイノベーションロードを視察し、夕方は浜松市主催の交流会をホテルコンコルドで開催。
西部地区の観光・商業施設の方々や空港、行政の皆さんと食事を取りながら歓談、時には誘致のためのPRなど約2時間の時を過ごしました。
3日目4日目は東部地区視察で富士山世界遺産センターや新名所・三島スカイウォーク、修善寺、堂ヶ島遊覧船など楽しみましたが、特に西安は中国内陸部のため海がなく、参加者の皆さんからは堂ヶ島の遊覧船や駿河湾フェリーは好評で、ツアー商品に入れたいという声が聞かれました。
4日目の夜もホテルアソシア静岡で商談交流会を開催し、県中部地区の観光事業者と親交をを深めていました。
最終日は天候にも恵まれ、日本平夢テラスから見える雪を抱いた美しい富士山眺望や玉露の里での呈茶(抹茶)体験、大井川鐡道SLバックヤードツアーを体験してもらい5日間のモニターツアーは無事終了し夜20時15分のフライトで帰路に就きました。
招聘された5人が今回のファムトリップをどのように感じ、どのようなツアーを作りこの静岡に送り込むかはまだ分かりませんが、春頃には西安からたくさんのお客さんが来静することを願っています。また紹介したように西安市も世界遺産が多い一度は訪れてみたい都市の一つです。皆さんも是非四川航空で西安に行ってみてはいかがでしょうか。