訪日旅行客数は年々増加している。
報道が少なくなったため落ち着いたかのように見られるインバウンドだが、最近の訪日旅行客の傾向として派手な団体旅行の数が減り、その分FITと呼ばれる個人旅行客数が伸びているためだ。
今回、中国の友人夫婦が親孝行を兼ねて4人で来日した旅行に、通訳兼ガイド役として同行した様子を案内してみたい。

 残暑厳しいセントレア空港にLCC(格安航空会社、ローコストキャリア)で降り立った一行の初日は静岡市内のホテルに宿泊。一般的にお金持ちでもLCCに乗るのは、中国人は移動にはあまりお金をかけることはないのだ。
日本の自然をこよなく愛し、日本の田舎や自然を満喫する旅に何度も来日している友人夫妻だが、この日は両親を連れての来日のため両親の希望する地を訪ねた。
 中国は家族や血縁関係を大変重要視し、生活の基本は家族で出来ている。現在の日本も、もともとはそうであったと思うが、近年では「遠くの親戚より近くの友人」になってきている風潮とは大違いだ。

柿田川湧水公園

柿田川湧水公園

三島スカイウオーク

三島スカイウオーク

沼津深海プリン

沼津深海プリン

小室山山頂

小室山山頂


柿田川湧水公園を訪問。この日はあいにくの雨であったが、煙る柿田川公園も風情がある。ただ、次に訪れた新名所・日本最長の吊橋「三島スカイウオーク」は霧が濃く残念ながら富士山は望めなかった。
そして友人夫妻からたっての希望で訪れた伊東市小室山。
「なぜ小室山?」と聞いたところ、
「知らないの?中国で有名になった映画の舞台だから」との回答。
「なんていう映画?」
「你的名字!」(ニーダミンヅ)
???と一瞬思ったが、直訳すると「あなたの名前は」である。
日本でもヒットしたアニメーション映画「君の名は」であった。
 主人公が出会うシーンのあの山の上の舞台がここ小室山という噂が中国で広まっているらしい。
 日本でもそう言われているのかは知らないが、言われてみれば確かにすり鉢の山は似ている。
君の名は中国でもヒットしたらしい。

山中湖畔

山中湖畔

エクシブ山中湖

エクシブ山中湖

諏訪湖SA

諏訪湖SA

奈良井宿

奈良井宿

妻籠宿

妻籠宿

奈良井宿古民家で昼食

奈良井宿古民家で昼食

その後一行は山中湖の高級ホテルエクシブ山中湖に泊り、日本の古き街並みを訪ね長野県中山道の宿場町である奈良井宿、妻籠宿を訪れた。

時折音をたてて降る雨に残暑を忘れ、名物の蕎麦や五平餅を食しながら日本の風情を満喫した。

旅行で雨は辛いものだが、古い町並みに雨はよく似合う。

雨音、風、道から立ちのぼる匂い。外国人の方に観光地を説明しているといつも思うが、我々が普通に思っている風景は、外から見れば普通ではない魅力あふれる風景なのだと。

 

このように今後ますます増えるであろう訪日個人旅行であるが、弊社はもちろん、日本国内の観光関連施設は訪日個人旅行客の取り込みを重要視している。

団体の様な派手さはないが、消費額を見ても地域活性には個人客の取り込みが重要だと思う。

何度も来日するリピーターと呼ばれる人たちは、大都市に飽きて自然にあふれる日本の田舎に魅力を感じ始めている。何もないから観光客が呼べないではなく、何もない部分をどう売るかが問題なのだ。

 

今回、日本の友人を頼って来てくれた家族旅行。5泊6日ではとても日本の魅力すべてを案内することは出来ないが、今まで以上に友情が深まった意味ある旅であった。