未来創造 | WORLD FORCE |
  • 旅行、貿易、海外事業のコンサルティングは、静岡県のワールドフォース・旅行事例
  • 海外旅行は静岡県のワールドフォース
  • 海外事業のコンサルティングは、静岡県のワールドフォース
  • 貿易事業のコンサルティングは、静岡県藤枝市のワールドフォース

Greeting 社長挨拶

Greeting 社長挨拶

WORLD FORCE代表取締役  熊谷 哲典

2020年、本来ならば東京オリンピック・パラリンピックの開催で日本経済は大きく飛躍するはずでしたが、世界的な新型コロナウイルスの蔓延により経済は停滞しリーマンショック以来の不況・経済危機に見舞われています。
当初は比較的軽微かつ短期的と思われていたものが、ここまで長引くと最近流行りの「想定外」と言う言葉を持ち出し、その対処を政府に求め将来に対する自分自身の「不安」を「不満」という論点にすり替えてしまいがちになります。
しかし将来に対する「不安」は何時いかなる時代もなくなることはありません。
結局その不安といかにうまく付き合ってゆくのかが大切だと思っています。これは新型コロナも同様です。
だからこそ私たちは不満を口にすることなく、自分の立ち位置を明確にし、諦めることなく将来を見据えて前進しなければこの困難(国難)に打ち勝つことが出来ません。

弊社は旅行業(国内・海外・訪日)、貿易(茶葉はじめ大型製茶機械等)、物流・販売などすべての事業にコロナの影響を受けておりますが、7月に亡くなられた李登輝元台湾総統から弊社に贈られた“誠実自然”「真面目(誠実に)に事に当たり遂行すればおのずと(自然に)道は開ける」をモットーにスタッフ一同結束し、それぞれの高い専門性と新しい提案により未来志向で皆様と共に歩んでゆきたいと思っています。

最後に、弊社は地域行政と連携した東京オリンピック・パラリンピック事業で地域活性化のお手伝いをさせて頂いております。日本全国民が力を合わせ、自信と勇気をもってこの困難を乗り越え、来年の2021年夏に無事オリンピックを迎えられることを願っています。

李登輝元台湾総統より弊社が拝受した座右銘

李登輝元台湾総統より
弊社が拝受した座右銘

About us 株式会社WORLDFORCEについて

旅行事業

人と人、夢と夢をつなぐ新しいTourism
人と人、夢と夢をつなぐ新しいTourism
訪日旅行客が3000万人を超え、グローバルな社会へと変遷する今、私たちは「日本から海外」「海外から日本」「そして日本」の3つをテーマに、海外の魅力と日本の魅力、そして我が国の再発見を新しいアプローチで提案します

貿易物流事業

貿易物流事業
世界の力(WORLDFORCE)
大手総合商社には出来ない、誇れる日本の技術と製品を海外に発信し、輸入・輸出から国内流通までおこないます。食品から大型機械、そして目に見えない日本の「おもてなし」までも輸出したいと私たちは考えています。

コンサルティング事業

コンサルティング事業
地域・事業の活性と発展
他の成功例を流用するコンサルタントではなく、クライアントのヒアリングから商品のクオリティーやニーズに合った商品開発を提案し、業種別ソリューションによる事業提案によるコンサルティングで需要と供給のマッチングをします。

NEWS

『水曜どうでしょう』藤村Dと嬉野Dのサイン入りパネル&ラッピングカー
富士山静岡空港で展示中!

『水曜どうでしょう』の藤村ディレクターと嬉野ディレクターに静岡にお越しいただき、『ゆるキャン△』静岡県オリジナル描き下ろしイラストと『ゆるキャン△』静岡県オリジナルラッピングカーにサインをいただきました!

サイン入りパネル

バイ・シズオカ『静岡県民限定 宿泊キャンペーン』受付中!

コロナの影響で「GoToトラベルキャンペーン」は一旦中止になっていますが、静岡県では県内観光促進として一人あたり最大5,000円の割引を受けることが出来るキャンペーンです。キャンペーンのお申込みは簡単。通常のご予約と同じように弊社にご予約いただくだけで割引を受けることが出来ます。

バイ・シズオカ『静岡県民限定 宿泊キャンペーン』受付中!

静岡県民のステータス『223』

なるほど山梨県民も含め、富士山は静岡県民にとってかなり「誇り高き遺産」のようです。車のナンバーに「3776」や「223」を取り付ける方は多く静岡や山梨でよく目にします。富士山グッズや富士山フードなど何でもかんでも富士山…あらゆるところで富士山愛が感じられますよね。今年から2月23日は天皇と富士山という「日本の象徴」二つを、国民と県民それぞれがそれぞれの感じ方・考え方でお祝いする日となるのでしょう。

2021年2月23日車内より撮影

静岡駅名物『谷岡の天津甘栗』まもなく閉店

その昔、私が北京に住んでいた頃は冬になると街角に「焼き芋」と「甘栗」売りのおばちゃん達の屋台が並び、日本と違うコゲ目がついた香ばしい栗は庶民(老百姓 ラオバイシン)老若男女のおやつとして大人気だった。しかし今ではその中国でさえも甘栗売りを見かけることはなくなり私の中でのその光景は古き良き時代の思い出としてだけ残っている。静岡市(静岡駅)の名物がなくなることは寂しい限りだが、「谷岡の甘栗」を楽しみに食した友人や家族との思い出がなくなることはないだろう。

感謝プレゼント付

春を告げる「梅便り」

おそらく私も四月になれば「やっぱり日本は桜だよな」と言っているだろうが今は二月。如月(きさらぎ)の春を告げる梅とメジロを今しばらく楽しみたいと思う。

梅花

旅行情報

散り桜

「散る桜 残る桜も 散る桜」私は桜吹雪の中を徘徊…いや散歩しながら一年の出来事を振り返りつつ「変わりゆくものと変わらないもの」をぼんやりと考えながら、散りゆく桜と春を楽しんだ

散り桜

北秋田市さ行ぐべし4(に行きましょう)  ~シリーズ3:観光アピール編~

こんな有名人には到底かないませんが、私も静岡の皆様に少しずつ北秋田市の魅力を伝えてまいります。頑張ります。次回は観光地をご案内いたします

写真:北秋田市×Hello Kittyスペシャルサイト

北秋田市さ行ぐべし3(北秋田市に行きましょう)  ~シリーズ2:食べ物編 続~

今回は北秋田市のソウルフードをご紹介しました。かなりレアなものばかりなので、静岡の皆さんは一生に一度出会うかどうかぐらいかもしれませんね。でももし出会うことがあったなら、かなり印象に残ること間違いなしです。次回は観光地をご紹介しようと思います。お楽しみにっ!

写真:秋田経済新聞

LEDのそこぢから

昼からお花(ベゴニアガーデンやバラ園など)や食事(和洋中喫茶など10か所も!)、温泉を楽しんだりできて1日中過ごすこともできますよ!駐車場が無料なのもうれしいですね。

LEDひとつひとつの細かい演出

北秋田市さ行ぐべし2(北秋田市に行きましょう)  ~シリーズ2:食べ物編~

北秋田市さ行ぐべし2(北秋田市に行きましょう)  ~シリーズ2:食べ物編~

PAGETOP
Copyright © WOLDFORCE Co.,Ltd. All Rights Reserved.